テイルズ オブ ヴェスペリア
公式ブログ
「テイルズ オブ ヴェスペリア」制作スタッフによる制作日記や最新情報を
いち早くお届けいたします!
カレンダー
2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
前月

新着記事
サブイベント・スキット
マップの追加
ボーダーラピード
劇場版「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」イベントのお知らせ
パティのモデリング
PlayStation 3版TOV発売日です
楽しいアタッチメント
パティのキャラ構築
PV第3弾公開
Webラジオ「テイルズリング・ヴェスペリア」が配信中です!!

カテゴリー
関連情報
制作日記
Gamer's Day(SFO)
講演活動
発表会
耳より情報
攻略記事

過去の記事
記事がありません。

ケータイブログ





ダメージの計算方法
[攻略記事] / [2008-11-28 17:00:55]

こんにちは。
テイルズスタジオ戦闘班の松下です。

みなさんは、戦闘中のダメージがどのような計算により算出されているのか疑問に思った事はありますでしょうか?
今回は、「テイルズ オブ ヴェスペリア」の戦闘におけるダメージ計算に関してです。

戦闘を作ってきた私としてもみなさんに更に深く戦闘を知って楽しんで頂きたいという思いもあり、本ブログにてご紹介したいと思います。

気になる人は気になる(?)けど、興味のない人にとっては、よく分からなくて、つまらない記事になってしまうと思いますがお付き合い下さい。


それでは、まずダメージの基本計算式です。

----------------------------------------------------------------------------

ダメージ値=(理ダメージ+∨盻僖瀬瓠璽

(理ダメージ・・・・・((物理基本ダメージ×物理比率)×武器の属性補正)
∨盻僖瀬瓠璽検ΑΑΑΑ((魔術基本ダメージ×魔術比率)×術技の属性補正)
※属性補正により吸収ダメージになった場合を除き、ダメージ値が1未満の場合は1に補正

----------------------------------------------------------------------------

全てのダメージがこの計算式によって算出されています。
例外として、プレイヤー側がOVL(オーバーリミッツ)レベル4の場合は、OVL効果として受けるダメージは全て0になります。

では、続いて基本計算式の物理と魔術ダメージの式を具体的に見ていきます。

----------------------------------------------------------------------------

物理ダメージ=(((理基本ダメージ×∧理比率)×I雋錣梁粟補正)
魔術ダメージ=((に盻儡靄椒瀬瓠璽×ニ盻冏耄)×術技の属性補正)

(理基本ダメージ・・・(攻撃側物理攻撃力−(防御側物理防御力÷2))×各補正値
∧理比率・・・・・・・各術技に設定されている物理ダメージ比率
I雋錣梁粟補正・・・・武器に付加されている属性による補正
に盻儡靄椒瀬瓠璽検ΑΑ(攻撃側魔術攻撃力−(防御側魔術防御力÷2))×各補正値
ニ盻冏耄─ΑΑΑΑΑΑΤ峠儺擦棒瀋蠅気譴討い詼盻僖瀬瓠璽姑耄
術技の属性補正・・・・術技に付加されている属性による補正
※,鉢い話佑マイナスになる場合は0に補正

----------------------------------------------------------------------------

まず、物理と魔術の基本ダメージの計算式に関してです。
上記の式の通り攻撃側の攻撃力と、その攻撃を受ける防御側の防御力の値により算出されるわけですが、その値に対して物理と魔術で以下のような様々な各補正値が掛かるようになっています。

----------------------------------------------------------------------------

■物理基本ダメージ補正項目
 ランダム補正・・・・・0.90〜1.10の範囲でランダム
 クリティカル補正・・・クリティカル発生時1.50〜2.00の範囲でランダム
 術技攻撃倍率・・・・・各術技に設定されている倍率
 ヒット攻撃倍率・・・・各術技のヒット毎に設定されている倍率
 防御側のガード補正・・通常ガード成功時0.40、クリティカルガード成功時0.00
 防御側の種族補正・・・各術技に設定されている対象種族別の補正
 天候補正・・・・・・・各術技に設定されている天候別の補正
 連携補正・・・・・・・連携回数による補正(バーストアーツ・秘奥義を除く)
 背後補正・・・・・・・背後からの攻撃時1.10〜1.20の範囲でランダム

■魔術基本ダメージ補正項目
 ランダム補正・・・・・0.85〜1.15の範囲でランダム
 クリティカル補正・・・クリティカル発生時1.25〜2.50の範囲でランダム
 術技攻撃倍率・・・・・各術技に設定されている倍率
 ヒット攻撃倍率・・・・各術技のヒット毎に設定されている倍率
 防御側のガード補正・・マジックガード成功時0.25
 防御側の種族補正・・・各術技に設定されている対象種族別の補正
 天候補正・・・・・・・各術技に設定されている天候別の補正
 連携補正・・・・・・・連携回数による補正(バーストアーツ・秘奥義を除く)

※魔術のクリティカル補正はスキル「マジッククリティカル」セット時のみ適応。

----------------------------------------------------------------------------

各術技毎に設定されている補正項目として以下の4種類
・術技攻撃倍率
・ヒット攻撃倍率
・防御側の種族補正
・天候補正

が、ありますが全てを掲載するには量が膨大な為、すみませんが今回は割愛します。
術技攻撃倍率に関しては、いずれの攻略本にも術技データ「威力」として掲載されています。
興味のある方は、ぜひご覧になってみて下さい。
(%表記の為、式に当てはめる際は「威力÷100」となります)

****************************
『テイルズ オブ ヴェスペリア 公式コンプリートガイド』
発売元:株式会社山下書店
http://bngb.qbist.co.jp/pc/tov/index.html

テイルズ オブ ヴェスペリア パーフェクトガイド』
発売元  :株式会社エンターブレイン
http://ebten.jp/eb-store/p/9784757745568/
****************************

それと、連携補正の項目に関しての補足となりますが、連携補正の値は以下のような式にて算出しています。
ダメージを受ける側は連続で受ける毎に徐々にダメージを軽減するようになっています。

----------------------------------------------------------------------------

※連携補正=1−(―儺司篝×(1−∨標翅Δ力携補正))

―儺司篝機ΑΑΑΑΑΑ(術技攻撃倍率÷100)÷2
∨標翅Δ力携補正・・・※1−(連携回数×0.025)

※但し1.0超過、0.5未満にはならない

----------------------------------------------------------------------------


では次に、物理と魔術の比率に関して。
これはその術技がどの程度、物理ステータスと魔術ステータスを参照するかの比率となっています。
全ての術技の比率を掲載する事はできませんが一部例としてご紹介致します。

----------------------------------------------------------------------------

■ユーリ
 「蒼破刃」・・・・・・物理比率=0.70 魔術比率=0.30
 「三散華」・・・・・・物理比率=1.00 魔術比率=0.00
 「双牙掌」・・・・・・物理比率=1.00 魔術比率=0.00

■エステル
 「スターストローク」・物理比率=0.55 魔術比率=0.45
 「フォトン」・・・・・物理比率=0.00 魔術比率=1.00
 「エンジェルリング」・物理比率=0.00 魔術比率=1.00

----------------------------------------------------------------------------

ユーリの「三散華」の場合は、拳で殴っていますから物理ステータスのみが、逆にエステルの「フォトン」等の魔術の場合は、魔術ステータスのみが参照されるようになっています。
また、中には「蒼破刃」や「スターストローク」のようにキャラ性能と見た目に合わせて、物理と魔術両方のステータスを参照するように設定されている術技も多数存在します。


そして次は、属性補正に関してです。
まず、攻撃属性は各属性補正を「適応する」と「適応しない」の2択となります。
こちらはメニュー内の表示で確認して頂ければと思います。

逆に防御属性は耐性値として、味方の場合は装備に敵の場合は個別に耐性値が設定されています。
属性の耐性値データを全てを掲載するには量が膨大な為、すみませんがこちらも割愛させて下さい。

ちなみに、設定されている値は「−100〜200」の範囲で属性毎に存在します。
この値を段階的に分けると以下の7段階に分けられています。
(ダメージ計算に使用する際は「耐性値÷100」が使用されます)

----------------------------------------------------------------------------

0未満・・・・・・・・・吸収
0・・・・・・・・・・・無効
40以下・・・・・・・・微小
60以下・・・・・・・・半減
100未満・・・・・・・防御
100・・・・・・・・・通常
100超過・・・・・・・弱点

----------------------------------------------------------------------------

さて、ここで最初の基本計算式と物理、魔術の比率に再度注目して頂きたいのですが、術技自体に付加されている属性補正は魔術ダメージにのみ適応される形となっています。

例えば「蒼破刃」には「風」の属性が付加されていますが、物理と魔術の比率を見るとダメージへの影響は3割程度となります。
もし属性周りで想像していたダメージと違う値が表示された場合は、この比率が影響している可能性が高いですね。


以上で、「テイルズ オブ ヴェスペリア」の戦闘におけるダメージ計算の紹介は終わりとなりますが、ダメージ計算に影響するものとして、セットしている様々なスキルによる効果やOVL時のスキルシンボル効果があります。
こちらは、スキルの付け外しを色々と試して頂ければと思います。


そういえば、最後にダメージに影響の大きい式の紹介を一つ忘れていました。
みなさんは、使い込んだ術技のダメージが大きくなっている事にはお気付きでしょうか?
実は、通常攻撃を除く全ての攻撃は使用回数によってダメージ増加が発生しています。

----------------------------------------------------------------------------

増加量=ダメージ値×((使用回数÷50)÷100)

----------------------------------------------------------------------------

例えば、使用回数の上限である9999回術技を使用していた場合、ダメージ値の1.9998倍の値が増加量として計算されます。
この値がダメージ値に加算され、最終的にダメージ値は約3倍に跳ね上がります。

元々、使い込んだら強くなると良いよね、という発想で組み込んだ仕様ですが、
もしかしたら少しやりすぎたかもしれません。


さて、少し長くなってしまいましたが今回はダメージ計算に関するお話でした。
説明が上手く出来なかった点や、分かり辛い点が多々あったかと思いますが、少しでもみなさんが楽しむお役に立てたのなら幸いです。

それではまた機会があれば!




仕込み担当の戦術指南その5−3
[攻略記事] / [2008-11-13 16:30:08]
<5−2の続き>


○レイヴン
お次はレイヴン。
まずはちょっと変わったスキルからいきましょう。


スキル「シュートシュートシュート」というものがあるんですが、このスキルをセットしてニュートラルの通常攻撃をし、そのまま攻撃ボタンを押し続けていると、いろんな通常攻撃を連続で出し始めます。
さらに、スキル「クイックアロー」を併用すると、動きが早くなります。
…すごい疲れそうな感じがします。

この連続攻撃、ヒットが繋がらないのでなかなか使いづらいのですが、動きが遅い敵や体の大きい敵に対して意外と侮れない威力を発揮したりします。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie70.asx

しかも、通常攻撃なので、ヒットするたびにTPがちゃんと回復するんですよ。


そしてぜひおさえておきたいスキルは「ステップキャンセル」。
攻撃などをバックステップでキャンセルできるようになり、ヒットアンドアウェイで安全に戦えるようになります。
スキル「ステップロング」と組み合わせるとさらに距離を取れるようになるんです。

そして術技は「回る回る景色」。
この技、敵をぐるぐる回して結構遠くに吹き飛ばせるんですよ。
発動方法は特技「回る景色」をスキル「連撃」と一緒に使用。
接近戦から遠距離に切り替えたい時には「ステップキャンセル」と組み合わせるとどうでしょう。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie72.asx

これだけ距離が取れれば反撃を食らうこともまず無いでしょう。


そしてレイヴンには強力な魔術「テンペスト」があります。
巨大な竜巻で広範囲の敵を引き寄せ、一気にダメージを与えるのです。
これは上級魔術「ハヴォックゲイル」をスキル「紅蓮」「剛烈」で変化させると発動します。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie71.asx


○ジュディス
そしてジュディス。

まず、スキル「ジャンプキャンセル」。
「ジャンプキャンセル」は行動をジャンプでキャンセルできるようになります。
スキル「エリアルジャンプ」と組み合わせると、空中でもキャンセル可能になり、さらにキャンセルした後連携をもう一度叩き込むことができるんです!

さらにスキル「エリアルダッシュ」「エリアルバック」「タッチダウン」もおさえましょう。
「エリアルダッシュ」は空中で前にダッシュすることができ、「エリアルバック」は後ろに向かってできるようになります。
さらに「タッチダウン」で瞬時に地面まで降りることができるようになるんです。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie61.asx

このスキルの動きを組み合わせると、空中でとても自由に動けるようになるんですね〜。

術技としては「円月・鳶」と「落月爪」。
「円月・鳶」は奥義「円月」をスキル「拡散」で変化させると発動できます。
「落月爪」はクリティア族にまつわるサブイベントで習得可能です。

http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie62.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie63.wmv

「落月爪」はダウンしている敵にヒットさせると大きく吹き飛ぶ特性があったりします。

あとはジュディスだけの特有スキルで「エリアルOVL」。
これをセットしておくと、空中でもオーバーリミッツを発動可能に。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie60.asx

さらに連携の幅が広がりますね。


○ラピード
ラピードは全てにおいて早さを生かせるスキルが豊富です。


まず、「スピードアイテム」。
通常、アイテムを使用するとしばらくアイテムが使えない時間が発生するのですが、それがまったくなくなります。アイテム使い放題ですね。

さらに攻撃を高速に繰り出せるようになる「オーバークイック」と「オーバークイック2」。
このスキルをつけてオーバーリミッツ状態になると、全ての攻撃がものすごいスピードで行えるようになるんです。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie66.asx


術技としては「疾風犬」。
なんと、約5秒もの間一切の攻撃を受け付けなくなるんですよ!
これは特技で、消費TPも少ないですので、がんがん使っていきたいところです。



○シークレットミッション
あと、アレクセイのシークレットミッションについても少し。
実はアレクセイが持っているアレクセイのシークレットミッションは、「リカバリング」をつけておくとかなり楽になると思います。
ジュディスを操作している場合はリカバリングで浮いている状態から「エリアルダッシュ」等で一気に接近するとさらにやりやすいかと。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie53.asx



さて、とっても長くなってしまいましたが、戦術指南も今回がラストということらしいので、気合を入れすぎたようで…
まぁ、最初にクライマックスって言ってましたもんね。

「戦術指南」とはまた大げさな感じがしますが、実際の内容は「テイルズ オブ ヴェスペリア」の戦闘を楽しむ「素材」でしかないかなと。
まだまだ紹介しきれない「素材」は沢山ありますし、そんな中でどのように戦っていくかを皆さんが見つけ出し、「テイルズ オブ ヴェスペリア」を思いっきり楽しんでもらえるといいなと思います。

ではまた! 




仕込み担当の戦術指南その5−2
[攻略記事] / [2008-11-05 14:00:03]
<5−1の続き>


○カロル・カペル
お次はカロル先生。


カロル先生のお勧めは「震極滅殺スパーク」。
カロル先生の破壊力を最大限に引き出すことができます。
奥義「究極神殺デストロイ」をスキル「烈震」で変化させると発動できます。

スキルは「マイトチャージ」。これはカロル先生特有で、「アタックアーツチャージ」「ヒールアーツチャージ」「サポートアーツチャージ」を一緒にセットすることによって、各特性に対応した術技もチャージ可能になるのです。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie59.asx

動画ではやっていませんが、さらにスキル「チャージキープ」をセットしてオーバーリミッツ状態になると、使い込んだ術技は敵にヒットさせてもチャージ状態を維持できるようになって、強力な攻撃を連続で決めることも可能!
さすがカロル先生。

秘奥義も小さい体を大きく使って、見事な破壊力を生み出しているようです。
カロル先生の持ってるカバンが売っていたら買いたいと思います。


○リタ
リタはやっぱり術をバンバン撃ちたい!
そんなあなたにお勧めします。

まずスキル「レソリューション」。
このスキルは、魔術で敵を撃破すると、最後の一撃を与える前に残っていた敵のHPを自分のTPとして吸収できるというもの。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie68.asx

どうです?すごいでしょう。
これでがんがん敵を蹴散らせますね!


そして術技は「ブラッディハウリング」と「メテオスウォーム」。
「ブラッディハウリング」は上級魔術「ヴァイオレントペイン」を
スキル「拡散」「剛烈」で変化させたもの。
「メテオスウォーム」は精霊魔術の研究を進めると習得できます。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie67.asx

「ブラッディハウリング」は範囲が広く、威力が高いので結構使いやすい。
「メテオスウォーム」はあたらないこともありますが、あたった時の威力は絶大です。ぜひ習得しておきましょう。

あと動画中で発動しているスキル「グレイス」。
このスキルは最後の方に手に入るんですけど、なんと詠唱中にダメージを受けてものけぞらなくなります。
でも、ユーリの「グローリー」と同じくダメージは普通に受けてしまうので注意。


そして最後に秘奥義。
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie69.asx

広範囲を特別な術式で取り囲み、強力な術ダメージを与えています。
この術式を展開されたら逃れるすべは無いですね。
さすが天才魔導少女。


<5−3に続きます>




仕込み担当の戦術指南その5−1
[攻略記事] / [2008-10-31 17:30:11]

こんにちは〜
テイルズスタジオの槐です。

いや〜、最近急に寒くなったような気がしてるのは僕だけですかね?
そろそろ朝起きて布団から出るのにTPを60くらい消費しないと出られなくなっちゃいました。
ちなみに僕の最大TPは200くらいしかないので、朝ごはんにはショートケーキを食べておきたいところです。

さてさて、今回は戦術指南の5回目ということですが、物語はいよいよクライマックス。
エステリーゼもパーティーに復帰し、術技やスキル、装備もだいぶ揃ってきますね。

今回は終盤戦でぜひおさえておきたいスキルや術技、
終盤で手に入るキャラ特有のスキルなどを紹介したいと思います。
入手方法等も載せていきますので、まだ手に入れていない方はぜひ参考にしてください。


○ユーリ・ローウェル
それではまずユーリから。
技を使い込むことによって変化する特性のあるものを2つ紹介します。


結構最初の方から習得できる「爪竜連牙斬」ですが、使用回数が200回を超えると、いくつかのタイミングでガードしようとすると、技の途中をガードでキャンセルすることが出来るようになります。

これをうまーくつなげるとこんな感じ。
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie65.asx

…あまりやりすぎると「馬鹿の一つ覚え」とか言われかねないので気をつけよう。


お次は「噛烈襲」。
この技は拳の連打を叩き込む奥義なのですが、
拳がヒットする瞬間に攻撃ボタンをタイミングよく押すことで、なんと追加ヒットを発生させることが可能!
使用回数が1000回以上になると最大100ヒットまで追加可能。
タイミングはなかなかシビアですが、沢山追加ヒットが出るようになるとなかなか凄いことになりそうな予感がします。


せっかくなので、この技にユーリ特有のスキル「ハイパーコンボ」を組み合わせちゃいましょう。

「ハイパーコンボ」は3種類あって、

「ハイパーコンボ」……1連携中に28Hit以上させるとオーバーリミッツLv1(時間半分)
「ハイパーコンボ2」…1連携中に50Hit以上させるとオーバーリミッツLv2(時間半分)
「ハイパーコンボ3」…1連携中に72Hit以上させるとオーバーリミッツLv3(時間半分)

という、オーバーリミッツゲージを消費しなくてもオーバーリミッツ状態になれるものです。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie64.asx

なんと噛烈襲1回分の消費TPで115ヒットも!
しかもオーバーリミッツLv3までいけるのでバーストアーツから秘奥義まで叩き込んじゃいました。


…とはいっても、「噛烈襲」はほぼ一体の敵しか攻撃できないので、敵が沢山いると、100ヒットさせる間にかなりの頻度で邪魔されるんですよね〜。

ここで、またまたユーリ特有のスキル「グローリー」。
このスキルは、地面に足をついた状態だと攻撃を受けてものけぞらなくなります。
実は、紹介した二つの動画でも「グローリー」の効果が発動していました。
気づいてもらえましたか?

注意点としては、あくまでのけぞらないだけなので、強い攻撃や術の中に飛び込んでいくと大ダメージを受けます。
しかものけぞらない性質上、気絶状態を敵の攻撃によって解除されなくなるので、
必死にコントローラーをガチャガチャする羽目に…
必死になりすぎてコントローラーを壊さないように!


ちなみに、「グローリー」は結構入手するのが大変だったりします。
「ラストフェンサー」という武器についているのですが、この武器は合成で作ることになります。
これがまたちょいと面倒で、各地に散らばっている「スーパースター」というレアモンスターの素材が5個ずつ必要になるのですよ。

アドバイスとしては、この「スーパースター」達は魔生物型ですので、
決めやすい緑フェイタルストライクを狙うとアイテムドロップ率が上がります。
ぜひ狙っていきましょう!

実はそれ以外の入手方法もあったりしますので、
合成できない人はぜひ探してみてくださいね。

 

○エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン
…実はフルネームは凄い長いの、知ってました?
というわけで「エステル」。


エステルはやはり高性能な治癒術でパーティーのピンチを救いたいですね。
ということでお勧めその1「ナイチンゲール」。
この術はパーティーが散り散りになっていても関係なく、パーティー全員を回復させることができるので、かなり優秀。
中級魔術「ナース」をスキル「剛烈」によって変化させることで発動します。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie54.asx

この動画では「ナイチンゲール」を詠唱する前に特技「キャバルリィ」を使用してますね。
この技を使っておくと、一定時間のけぞらなくなるので、
ちょっと長めの詠唱でも邪魔されにくくなるんですね〜。


で、お勧めその2が「リヴァイヴ」。
この術の効果を受けたキャラクターが戦闘不能になった時、
何もしなくても一回だけ戦闘不能から復活しちゃいます。備えあれば憂いなし?
この術は中級魔術「レイズデッド」をスキル「紅蓮」「烈震」「疾風」「水塵」の
四つのスキルを同時にセットすることで変化します。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie56.asx

スキルを沢山つけなければいけないのと、「レイズデッド」が使えないのはちょっと困るので、50回使用してぜひ習得しておきましょう。


あと、エステルの一つ目の動画で気づいた人もいると思いますが、
エステルだけものすごい回復してる気がしません?
この効果がお勧めスキル「ヒールサプライ」です。
これはエステル特有のスキルで、治癒術で仲間を回復させると自分も少し回復しちゃうんです。

http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie55.wmv

もうひとつ、エステル特有のスキルでは「ワンコンボ」。
この「ワンコンボ」シリーズは「ワンコンボ"アン"」「ワンコンボ"ドゥ"」「ワンコンボ"トロワ"」と三つあるんですが、全部つけた状態で通常攻撃を遅めにキャンセルすると
特殊な通常攻撃を三回つなげることが出来るのです。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie57.asx

この「アン」「ドゥ」「トロワ」はダウンしている敵にも当てることが可能なので、
高く吹き飛んだ敵に追い討ちをかけたりできますよ〜。


あとは秘奥義を紹介しておきましょう。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie58.asx

エステルの秘奥義は全体攻撃と全体回復が同時に行えます。
ピンチの時に発動して一気に形成逆転しちゃいましょう。


次回<5−2に続きます>




仕込み担当の戦術指南その4
[攻略記事] / [2008-10-17 17:08:26]

こんにちは。
テイルズスタジオ戦闘班の松下です。

私が前回ブログを書かせて頂いたのが、発売前の5月でしたから久しぶりですね。
あれから、「テイルズ オブ ヴェスペリア」も無事に発売され、
みなさんのお手元に届けられる事が出来てホッと一安心しています。


さて戦術指南4回目です。
どうやら戦闘班持ち回りで書かせて頂く事になったようです。


今回私から紹介させて頂く内容はいよいよ物語も後半戦。
とある理由によりエステルがパーティから離脱している期間の戦闘に触れていこうかと思います。

この時、戦闘面では回復をエステルに頼ったメンバー構成だと苦戦を強いられる期間なんですよね。
回復サポートとしては、カロルの「活心エイドスタンプ」や、レイブンの「愛の快心」などがオススメでしょうか。
カロルはエステル程ではないですが範囲回復の性能をもっていますし、
レイヴンは彼自身の好みが関わって「アレ?」と思う時もありますが回復の追従性能が凄いです。
どちらも技なので詠唱期間が発生しません。中々の回復性能を見せてくれます。
彼らに回復を任せる場合は、作戦の詳細編集で「HP回復を優先しろ」にしておくと更に良いかもしれません。

それでは、各キャラクター毎の戦闘に関して。

この頃に注目してもらいたいのは、物語進行上で必ず入手出来る武器「宙の戒典(デインノモス)」です。
この武器に付いているスキル「スペシャル」は秘奥義を発動させる為のキーとなっています。
秘奥義はオーバーリミッツLv3以上の状態で、奥義や中級・上級魔術、スキル変化術技、バーストアーツのあとに続けて出せる技です。
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie43.asx

ちなみに、秘奥義は発動した時点でオーバーリミッツの状態が解除されてしまいます。
かといってギリギリまで連携を続けていたらオーバーリミッツの時間が切れてしまうなんて事はよくある事です。
どのタイミングで秘奥義を出すかも重要になってきますね。


また、ユーリは技の種類も随分と増えてきて、どういう連携をしたら良いのか迷ってくるのもこの時期かもしれません。
色々と面白い連携はあるのですが、今回ユーリはお手軽に出来る連携を紹介します。
「キャンセルプラス」と「ターンレス」というスキル付けて、「円閃牙」系統の技で連携してみました。
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie44.asx


カロルはこんな感じでしょうか。
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie45.asx

この頃になると、カロルはダウン状態の敵を拾える技を覚えているので、オーバーリミッツにならなくても連携を繋げる事が出来るようになっています。
カロルの成長っぷりは感動ものですね〜。


逆にリタは「スペルエンド」というスキルを付けると魔法発動時の硬直時間が短くなり、
オーバーリミッツになるとこんなに魔法連携が出来るようになっています。
魔法での連携はやりづらいイメージが在りますが、ユーリとは違った楽しみ方が出来るのではないでしょうか。
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie46.asx


レイヴンは上級者向けというか、自分で操作した場合は使いづらく感じるかもしれません。
ですが、レイヴンの技は使用回数100回を超えると空中でも発動可能になるものがあります。
こういった連携が出来るようになるのでぜひ技を使い込んでみてください。
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie47.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie48.wmv


ジュディスは弧月閃が使用回数100回を超えるとダウン状態の敵を拾えるようになったりします。
ダウンが拾えるようになると連携の幅が増えて操作して楽しくなってきますね。
この他にも使用回数によって性能が変化する物がありますので技を使い込んでみてください。
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie49.wmv

それと、「ジャンプキャンセル」というスキルを付けるとこんな連携も出来るようになります。
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie50.asx

この連携を行う際のポイントとして、上入力のショートカットに如月を登録しておくと、風月をジャンプキャンセルしてそのまま上入力で技が出せるのでやり易くなるので、ぜひお試しあれ。


それと、シークレットミッションに関してです。

■バイトジョー戦
「走光の氷刃」をしている際に3回攻撃をヒットさせるという内容です。
こちらもユーリの場合は蒼破刃を活用したり、魔法による多段ヒットを狙うのがオススメです。
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie52.asx


さて、物語後半ともなると色々と出来る事が増えてきて紹介したい事も沢山あるのですが、今回はこんな感じで戦術指南4回目を書かせて頂きました。いかがだったでしょうか?
みなさんが楽しむヒントとなれば良いと思っております。

それではまた機会があれば!




仕込み担当の戦術指南その3
[攻略記事] / [2008-09-22 17:50:44]

こんちは!
テイルズスタジオの穴吹です。

まだまだ暑い日もありますが、たまに涼しくなると秋を感じるようになってきました。
子供の頃は食べたいとは思わなかった、秋刀魚を食べたくなります。

さて戦術指南の3回目です。
今回は僕がコメントを書かせて頂きます。

だいたい中盤の山場となるテムザ山くらいまでのユーリたちの戦い方について触れていきますね。

この頃は徐々に術技を変化させるスキルを覚えていく頃です。
といっても「キャンセルプラス」ってスキルがないと連携には組み込みにくいです。
ただスキルで変化するのは術技だけじゃなく、バーストアーツも変化するのでこんな感じの連携なんてどうでしょうか?

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie38.asx
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie31.asx


カロル君のスキル変化技「爆砕ストリート」は、ダウンしている敵を拾う性能を
持っているので、キャンセルできなくてもコンボをつなげることが出来たりします。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie32.asx


リタはこの頃、発動待機状態で自由に動ける「スペルチャージ」ってスキルを
持ってる可能性が高いです。
敵から逃げながら「ファイアボール」を当てちゃって下さい。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie40.asx

あと「マジックキャンセル」ってスキルがあればスキル変化した術を
元の術の後に詠唱時間無しで発動できるので、OVLしなくても術コンボが出来ますね。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie41.asx


この頃のおっさんはこんな感じでしょうか。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie42.asx

動画ではやってませんが「土竜なり」という技は自分の前に設置してから術の詠唱に入れば、詠唱を邪魔しに来た敵を排除してくれるので安全に術を詠唱出来ます。近接攻撃じゃない敵には関係ないですが・・・


ジュディス姐さんはこんな感じですね。

http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie33.wmv
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie34.asx

2個目の動画に注目してください。
この頃になるとボス敵は、こちらの攻撃の最中にも割り込んで反撃をしてくるのですが、この動画のように一定上の高さに敵を浮かしていれば、反撃されません。
「割り込み反撃がウザイ!」って思う方は試してみてはいかがでしょうか?


ラピードに関しては使用回数で性能が変わる術技のネタを。
「紅蓮犬」は使用回数100回を超えると空中発動可能になります。
また「閃空犬」は使用回数100回を超えると攻撃の発生が早くなります。
それらを上手く使えばこんな連携も出来ますね。
閃空犬の竜巻はダウンを拾います。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie39.asx


あとシークレットミッションについても少し。
ベリウス戦のミッションは、分身した後燭台に炎を灯せば、分身が解けてミッション達成というものです。

この燭台は「ファイアボール」などを当てると炎が灯るのですが、ユーリの「爆砕陣」のような火属性の技でも炎が灯ります。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie37.asx


ついでにティソン&ナン戦のシークレットミッションはこんな感じです。

攻撃をHITさせる事によって成功するシークレットミッションは、前の攻略にも記載した「敵の攻撃を耐える力」を上回らないと成立しない場合もあるので、単発の攻撃で終わらず数回HITのコンボにした方が良い場合もあります。
覚えておくと良いかも。

http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie35.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie36.wmv



発売して既に1カ月以上経過し、僕たち開発者よりも上手ずなプレイヤーさんもたくさんいるかと思いますが、少しでもヴェスペリアの戦闘を楽しむヒントになればと思います。

それでは!




仕込み担当の戦術指南その2
[攻略記事] / [2008-09-12 18:30:12]

こんにちは〜。
テイルズスタジオの長谷川です。

今回はレイヴン、ジュディスの紹介と
細かい仕様の説明をしたいと思います。

レイヴン、ジュディスもパーティに入った時はこんな感じの連携などどうでしょうか。

http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie29.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie30.wmv

レイヴンの遠距離攻撃はニュートラル+攻撃、↓+攻撃、←→+攻撃それぞれどの組合せで撃つかによって敵を仰け反らせる時間が変わります。

動画で紹介してるのが序盤から使える遠距離コンボですね。
色々試してください。組み込んだ本人もこれは難しすぎて紹介し切れません。

またレイヴンの近距離←→+攻撃ボタンの偶数発目は浮いている敵にHITすると
ダウンさせます。

追撃のバリエーションを考えてドキドキしてください。

http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie21.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie22.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie23.wmv

ジュディスの↑+攻撃ボタンの上方突きは
「初段で浮いている敵にHITすると落とす」
「初段以外で浮いている敵は吹っ飛ばす」
と言う性能も持っています。使い分けると夢が広がるかも。

そしてジュディスの↑+攻撃ボタンのムーンサルトキックは「浮いている敵にHITすると高く浮かせる」という性能です。

お手軽なのは「↑+攻撃×2+↑+技ボタンに登録した技」という空中コンボですね〜

ジュディスは連携の繋がり方も特殊なのでとにかく色々触ってください。


序盤はスキルもあまり充実してないし、フェイタルストライクも無理にしなくても良い、となるとなかなか戦闘ではじけられないですが、パーティが7人揃う頃にはバーストアーツも出来るようになり、OVLもレベル2が使用できるので、そろそろ弾けられるようになってると思います。

このころのユーリ達はこんな感じでしょうか〜。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie24.asx
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie25.asx
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie17.asx
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie18.asx
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie28.asx
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie25.asx
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie26.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie27.wmv

カロルは「マイトチャージ」「チャージキープ」「アタックアーツチャージ」をセットしているとOVL状態でチャージした技を連続で出せたりします。
以下の動画はコンボつながってないですが……

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie19.asx

スキルを気合いれて集めてくれている方ならこのころには「1ダメージ」「ハーフダメージ」「クォーターダメージ」のFS大好きプレイヤー御用達スキルを取得できてる頃ですね。

FSする前に敵が死んじゃってつまんない! と思ってた方はこれらのスキルをつけて術式が出るまで敵をぽこぽこしてみてはどうでしょうか〜。

ただし! ボス戦で外し忘れないようにね! これ約束です。

どんどん難しくなってきている印象のシークレットミッションですが、パーティ構成が重要になるものもあるので注意です。

http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie20.asx

これはゲーム内でもっと情報出すべきでしたね……。
ごめんなさい。

今回から長谷川だけだと動画を作るのが大変で穴吹君、槐君、松下君も動画を撮影に協力してくれてます。

自ずとこだわりキャラが担当になっていくので、その方向性が見えてちょっとクスリとした長谷川でした。




仕込み担当の戦術指南その1
[攻略記事] / [2008-09-08 18:28:02]

テイルズ オブ ヴェスペリア楽しんで頂けていますでしょうか?
仕込み担当の長谷川です。

TOVは戦闘の難易度が高いと思っている方も多いかも……
という事が心配で何度も何度も樋口さんに「大丈夫でしょうかね……」と話してると攻略のような記事を書く事になりました。

望むところです。

一回目の今回は、序盤での使いやすい連携とFS(フェイタルストライク)の基礎知識、そしてボスバトルの簡単な助言を紹介をしたいと思います。


戦闘の仕込みは記事にするともの凄く長くて何を書いているのか訳わからんくなるので動画にさせてもらいました。
動きは動画を見てもらうとして、ここにちょっぴり補足を書きますね。
(それでも長くてわけわからんかもですけど……)

まずは連携の紹介です。序盤はこんなコンボが使いやすくて良いんじゃないかな〜。

・ユーリ連携集
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie01.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie02.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie03.wmv

・エステル連携集
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie04.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie05.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie06.wmv

・カロル連携集
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie07.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie08.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie09.wmv

・リタ連携集
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie10.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie11.wmv

・ラピード連携集
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie12.wmv
http://tov.namco-ch.net/blogmovie/movie13.wmv


とにかく最初はただ動かして楽しいでもらえると嬉しいですね。


次にFS(フェイタルストライク)の基礎知識です。

FSは青(↑) 緑(←→) 赤(↓)の3種がありますが、この耐久値をより効率よく減少させるには以下の点に注意すると良い感じになります。

1.吹き飛んでいる敵を浮かせると青(↑)耐久値はより大きく減少する
2.ダウンしてる敵を吹き飛ばすと緑(←→)耐久値はより大きく(以下略)
3.浮いている敵をダウンさせると赤(↓)耐久値はより(以下略)

つまり青FSを出したいからと言ってひたすら浮かせる攻撃を連打するよりも吹き飛ばしてから浮かせる攻撃をした方が少ない手数でFSを行えるのです。

また、敵の正面からよりも背後からのコンボの方が耐久値の減少は大きいのです。

・FS参考
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie14_q4jydj.asx
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie15_9ytamt.asx

とはいっても序盤でFSが使えるようになっても使う必要が無いほど敵の体力は少ないです。
ようわからんものは放っておいても良いかもですね〜。

術技は通常の打撃よりもFS耐久値は大きく減少するよう設定されているのでよりお手軽にFSをするのならリタの術を使うのがオススメです。

そして最後にボス戦について。TOVのボスは一撃で仰け反らない事があります。
これは一撃の威力が敵の耐える力を超えない時に起きる事があります。
棒立ちだからって叩いたのに反撃されちゃったりするのはこのためかもしれません。



ユーリの↓+攻撃ボタンで行う下段回転切りは2HITする攻撃のため↓+攻撃ボタン×3を使っている方は多いと思いますが1HITあたりのダメージが抑えられているので前述した耐える力を超えない事が多いのです。

ボス戦の時は初段を↓+攻撃ボタン以外から始めるとちゃんと仰け反らせる事が出来る場合が多いので、ちょっと意識すると幸せかもです。

「ニュートラル+攻撃ボタンしてるのに耐えられちゃう」と言う人は……
もう少しだけレベルを上げてから挑戦してもらったほうが良いかもしれません。

シークレットミッションは難しければ無理にやらなくても……というつもりの設定なのですが、ちゃんとクリアしないと気持ち悪い、という人が多いようですね。難しくしてごめんなさい。穴吹君と反省します。

・とあるシークレットミッション参考
http://tov.namco-ch.net/asx/blog/movie16_6cmkzt.asx


これからもプチ攻略を随時更新していくので見てやってください。
この開発ブログがはじまってから戦闘担当っぽい長谷川がお送りしました。




とあるシークレットミッション
[攻略記事] / [2008-08-08 18:45:41]

本日3つ目の公開となります。
テイルズスタジオ 仕込み担当長谷川です。

とあるシークレットミッションで、「こうやると空中にいる敵を吹っ飛ばしやすい」
という戦闘の仕込みのひとつを書きたいと思います。

ユーリの基本攻撃のひとつ「上方向入力しながら攻撃ボタン」で行う上払い攻撃。
これには以下の二つの仕込みがしてあります。

1 ターゲットに密着している状態で後ろから攻撃をHITさせる
2 浮いている敵に対してHITさせる

この二つのどちらかの条件を満たすと敵をより高く浮かせる事ができるのですよ〜。

そしてユーリの奥義の一つ「烈砕衝破」。
この奥義は浮いている敵にHITさせると空中吹っ飛ばしの効果があるのですね。

この二つを合わせると・・・ニヤリング。

「烈砕衝破」のボタン登録を上方向+術技ボタンにして
セミオートで上方向を入れながら基本攻撃×3
キャンセルで上方向+術技で「烈砕衝破」すると・・・

あんれまぁ。なんと言う事でしょう。

苦しんでる方はお試しください〜。