テイルズ オブ ヴェスペリア
公式ブログ
「テイルズ オブ ヴェスペリア」制作スタッフによる制作日記や最新情報を
いち早くお届けいたします!
カレンダー
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
前月

新着記事
サブイベント・スキット
マップの追加
ボーダーラピード
劇場版「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」イベントのお知らせ
パティのモデリング
PlayStation 3版TOV発売日です
楽しいアタッチメント
パティのキャラ構築
PV第3弾公開
Webラジオ「テイルズリング・ヴェスペリア」が配信中です!!

カテゴリー
関連情報
制作日記
Gamer's Day(SFO)
講演活動
発表会
耳より情報
攻略記事

過去の記事
記事がありません。

ケータイブログ





ライト熱いよ・・・。
[Gamer's Day(SFO)] / [2008-05-07 18:00:00]
こんにちは!
郷田です。

GWは楽しく過ごせましたか??
ついにGamer's Day in SFOも今回で最後です。
こんなこともやっているんだ?ということが少しでも伝われば良いなと思ってます。



ステージでの挨拶を終えて、インタビュールームへと移動した訳ですが、ステージ上で渡したブーケ以外にも、花瓶入りの誕生日プレゼントを用意していたので、BONNIE PINKさんは二度驚いてました。
お花が大好きで、実は昨年のライヴツアー締めくくり「武道館公演」に招待して頂いた時にもお花を贈ったので、これで3度目だったりします。
「武道館公演」での話はまたいずれします。



北米の雑誌社やWEB系メディアの取材をかなりの数受けました。
とてもありがたいことで、やはりメディア方が取り上げたいと思ってもらえるような製品でないとなかなかこのようなことになりませんし、お客様にも伝えようがありませんから、真剣にそして少しでも製品について知ってもらえるように心がけてます。
伝えるって難しいんですけどね・・・。
ちなみにライトが熱くてそんなに浴びせるのかと思ったのは、内緒です(笑)



右側で見切れているのが、現地でローカライズプロデューサーをしているピーターというスタッフで、日本人より日本人らしいスタッフで今回は通訳をお願いしたのですが、あまりに流暢でしかも敬語もバッチリなピーターにBONNIE PINKさんも興味津々で、どうやったらそんな風に語学ができるようになるのと、食事の際に盛り上がっていました。
ちなみに通訳は私の為で、BONNIE PINKさんは流暢に受け答えされていました。
英語ぐらいバッチリ話せるようにならないとイケナイなと改めて思いました。

お気づきの方もいるかと思いますが、テーブル上に台本とitunesで同日配信された主題歌の英語バージョンを祝してサイン入りipodが載ってます。
Tales of  BONNIE PINK(www.bpweb.jp/)で先に公開されていますが、こちらでもみなさんに披露します。
台本のタイトルがTOX2008というコードネームになっているのですが、収録はゲーム制作が完了してからするわけではない為です。
そういう点でも普段なかなか見れないレアなものかなと思います。



取材攻勢の隙間時間にも台本に目を通したりして、プロのアーティスト魂を垣間見ることができました。
こうして無事、SFOでの取材を終えた訳ですが日本に負けないぐらい北米でも注目されていることを体感でき、とても貴重な日々でした。



盛り上がる会場
[Gamer's Day(SFO)] / [2008-05-02 18:00:00]
こんにちは、GWの谷間ですがみなさんいかがお過ごしですか?
プロデューサーの郷田です。
制作プロデューサーの投稿の中にドンペリが映ってましたが、みなさん気づいてますか?
気になりますよね。
だふん、樋口が秘密を明かしてくれると思います。

さて今回はサンフランシスコでのイベントの模様、第2弾をお届けします。
なかなか、こういった情報をこれまでみなさんに直接お届けすることもできなかったので、実はみなさんの反応が楽しみだったりします。


ダウンタウンにある「Mighty」というクラブハウスを借り切って行ったのですが、北米のメディアが80社も来る大きなイベントで、会場前には前回お伝えした赤絨毯のひかれた場所に長蛇の列ができていました。
写真はスターティングセレモニーを待つプレスのみなさんです。
この日はバンダイナムコゲームスの北米展開するタイトルが多数出展され、閉会するまで会場は熱気を帯びていました。



トップバッターがテイルズ オブ ヴェスペリアだったのですが、BONNIE PINKさんが登壇された時には歓声が上がっていました。
しかも、同日に全世界配信された英語版主題歌「Ring A Bell」が流れる中、流暢な英語で挨拶をして頂きました。
しかも日本時間では、誕生日ということもありサプライズでお花をプレゼントしたのですが、とても喜んでいました。
その模様はまた次回にお届けします。



そして自分の出番が来たわけですが、長く喋りすぎて少しおしてしまったのは内緒です。
ただ、プレスの方たちもプレイして口々に「Amazing!」「Fantastic!」と言っていて、称賛してくれました。
やはり、第三者の方々の客観的な意見を聞くのは新鮮で、しかし緊張するところではあるのですが、良いコメントも悪いコメントも頂けることが大切だと思っているので、ユーザーのみなさんからのお手紙なども大切に読ませて頂いてます。



公式ブログスタートです!
[Gamer's Day(SFO)] / [2008-04-25 10:00:00]
はじめましての方もそうでない方もこんにちは!
「テイルズ オブ ヴェスペリア」のプロデューサーをしています郷田です。
今日から開発者ブログをお届けできるようになりました。
今後、ゲーム制作に関わっている様々なスタッフがホットな情報をお届けしていきますので楽しみにして下さい
要チェックです!

第1回はアメリカでの発表会の模様をお伝えしようと思います。
2008年4月15日(現地時間)にSan FranciscoのMightyというクラブハウスで行われました。
今回のイベントには日本から主題歌を担当して頂いたBONNIE PINKさんにも参加して頂きました。
一緒にインタビューを受けたりしましたが、その模様はまた後日詳しくお伝えしようと思います。


約9時間の旅をした飛行機です。
機中で映画を4本も見てしまいました


San Francisco国際空港です。
各国の国際空港はユニークな建物になっていて、いつも新鮮です。
とにかく巨大な空港でした。
日本では考えられない規模です。


San Francisco名物の坂と、路面電車です。
写真ではわかりませんが、急勾配の坂が多くタクシーは底を擦って
登るところもありました
会場へ向かう途中の一枚です。
BONNIE PINKさんと一緒に会場へ向かいました。


会場となったMightyというダウンタウンにあるクラブハウスです。
なんとビックリ!
入り口には赤絨毯がひかれていました。
開場する頃には、ここに長蛇の列ができていて、参加した他のプロデューサーはもちろん、我々もテンションがあがってきたのでした。