テイルズ オブ ヴェスペリア
公式ブログ
「テイルズ オブ ヴェスペリア」制作スタッフによる制作日記や最新情報を
いち早くお届けいたします!
カレンダー
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
前月

新着記事
サブイベント・スキット
マップの追加
ボーダーラピード
劇場版「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」イベントのお知らせ
パティのモデリング
PlayStation 3版TOV発売日です
楽しいアタッチメント
パティのキャラ構築
PV第3弾公開
Webラジオ「テイルズリング・ヴェスペリア」が配信中です!!

カテゴリー
関連情報
制作日記
Gamer's Day(SFO)
講演活動
発表会
耳より情報
攻略記事

過去の記事
記事がありません。

ケータイブログ





演出って宇宙なのか……
[制作日記] / [2008-08-04 18:00:19]

ナムコ・テイルズスタジオの伊藤正と言います。

今回、演出を担当させていただいたので、やはりここは演出について語ろう、と思ったのですが……
演出という言葉はなんとも掴み所が無く、曖昧な物で、何処から何を話せば? という感じです。

例えば……
「木の下に青年と犬がいます。彼はこれから何をしようとしているでしょう?」

1.「バカやろう」と叫ぶ
2.フレンチカンカンを踊る
3.木によじ登る
4.犬とたわむれる
5.何もしない
6.その他


よくある心理テストの問題です。
わざわざ選択肢になってますが、1〜5番を選ぶ人は僅かで、100人に聞けばおそらく50人は6番の「その他」を選ぶでしょう。また50人が選んだ「その他」という答えは、正確には「50種類の選択」と言えるかも知れません。

で、この人それぞれに持つはずの印象が「一つの印象」となるように誘導していくのが、演出という技法です。

と、物知り顔でエラソーに言っては見たものの、実際ゲームの中でどうこうしようとすると、これがとても難しいのです。

とある雑誌に「ヴェスペリア」が載っており、体験版を紹介した文章に、こう書かれてました。

「主人公の手前を兵士が通り過ぎていくというような3Dならではの演出がさりげなく挿入されている」

うおーっ!! 誉められている!!

そう、まさにこの「さりげなく」がミソなのだ! わかるかぁ、そうかぁ 感激だなー!!

え、 ……まてよ?
さりげないどころか、ガッツリ見られて紹介されているではないか!?

と、いう具合に、意識すれば失敗し、意識しなければ成功し、まるで、「見ると無いけど見ないと在る」の「量子力学」のような、行き着く果ては宇宙の真理か? とさえ思えてくるわけです。

ゲームに限らず、エンターテインメントというものは、いつもこんな不可解なものと付き合いながら生きてるわけで、自信満々で作っておきながら、あとから見ればドン引きしたり、逆にそこまで力を入れていなかった部分が高く評価されている、なんて作品も世の中には少なからず存在します(多分……)。

長くなってきたので、そろそろ〆ます。

今回の「テイルズ オブ ヴェスペリア」においての演出は、「全てが見所」というつもりで作りました。
これをプレイして頂いた方にとって、忘れられない一本になると嬉しいなと思います。



この記事のURL
http://tov.b-ch.com/blog/tov/archives/1549