カレンダー
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月

新着記事
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」第4巻発売!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」緊急告知!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」最終回!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」銃口のその先に…
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」デッドリミットまであと45分!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」第3巻発売!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」因縁の戦場
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」交錯する光条!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」ア・バオア・クー戦!
「機動戦士ガンダム戦記 PlayStation®3 the Best」

カテゴリー
関連情報
制作日記
アッガイぶらり旅
ミッション攻略
オンラインプレイ特集
ディレクター浪川の開発こぼれ話
ダウンロードコンテンツ配信情報
アッガイの小ネタアドバイス
マオとフィリーネのカスタマイズ情報
デモパート制作こぼれ話

過去の記事
記事がありません。

ケータイブログ


角川書店ガンダム公式サイト:ガンダムベース
ASCII.jp × 機動戦士ガンダム戦記
ガンダムクロニクルバトライン


「オンラインプレイとは、こういうことだ!」(番外編)
[オンラインプレイ特集] / [2009-10-08 15:38:30]
こんにちは。製作プロデューサーの東山です。ニューヤークで無事「予備ENパック×3」をゲット!。しかも3回目で!確率15%なのに!ツイてる!

さて、前回まで4回に渡ってお送りした「オンラインプレイとは、こういうことだ!」。今回はその番外編ということで、オンラインプレイ時の「ひとくちアドバイス」なんかをまとめてみましたので、こちらも参考にして頂ければ幸いです。


●あえて一人でオンライン「ソロプレイ」
「比較的難易度の低いミッションを、他人に気兼ねなく何回もプレイしたい」、「ジオン編『HLV破壊作戦(難易度HELL)』の、『単機で敵機全滅クリア』にチャレンジしたい」など、一人でオンラインプレイしたい場合もあるはず。いわゆる「ソロプレイ」というやつだ。
そういうときは、「ROOM」を作成するとき、USER SLOT】を「2」に、INVITATION SLOT】を「1」に設定し、コメント欄に「ソロでやってます」といったニュアンスの文章を書いておけば、他人は入ってこない。一人気ままに楽しむことも可能だ。


●一緒にプレイするプレイヤー機体を見ることができる
ロビー画面で「SETTING」を選択しよう。その後、画面下のウインドウ内にいる他の参加プレイヤーの機体を選択すると、その機体の武装パーツの装備パイロットレベルなどを閲覧することができる。
「この人すごいなあ!」って印象の機体があったら、少し覗いて参考にするのもいいかもしれない。但しあまり時間をかけると、他のプレイヤーたちを待たせちゃうので素早くね。


●オンラインで一度クリアしたミッションは「難易度」が選べる
「OFFLINE MODE」で選択できる難易度は「NORMAL」のみだったよね。「ONLINE MODE」では、一度「NORMAL」でクリアしたミッションは「HARD」を、「HARD」をクリアしたミッションはさらに「HELL」という難易度を選択可能になる。それぞれ入手できる武装アイテムが一部変化するうえ、獲得できるポイントも高い。機体を強化しつつ、仲間を募ってチャレンジしてみよう。


●アイテム取得条件は「既定ポイント」と「確率」
ミッションクリア時に獲得できるアイテム。たいていの場合、1〜2個は獲得できると思うが、しばしば「???????」という表示が出る場合がある、
実は、このアイテム獲得には「既定ポイント」「確率」が関わっている。ミッション終了時に得たポイントが、アイテム獲得に必要な「既定ポイント」を越えると、アイテムごとに定められた「確率」に従ってアイテムが出現する、というわけだ。
アイテム出現の「確率」は、ポイントさえ満たしていれば毎回必ず得られる「100%」から、一番低い「15%」までと、何段階かに設定されている。時には運も必要ってことだね。


●ホストが選んだミッションが「無理ー!」
「水中戦装備」も「水陸両用モビルスーツ」も持っていないのに、「ROOM」の参加メンバーで水中ミッションに行きそうな気配。そんな特は「装備がないので抜けますね」と伝えて、抜けるのが無難と言えば無難。例えば水中にザクキャノンで潜っても、ついていくのがやっとかもしれないからだ。
ただ、特集記事でも書いたように、ホストや他の参加プレイヤーにその旨伝えると、皆の計らいで「じゃあ『水中戦装備』獲りに行きましょうか!」みたいないい流れに恵まれることもある。やはりコミュニケーションが大事だ。


●「俺って強えー!!」でもちょっと待って
数々のミッションでアイテムを集め、武装も充実、パイロットレベルも上げた。そんな「オンラインプレイの猛者」が、うっかり初心者ばかりの「ROOM」に入ってしまい、大暴れしてしまうのも、実はちょっと考え物だ。
ミッションクリア時に与えられるポイントのうち、「CLEAR POINT」「TIME BONUS」は参加者全員に与えられるが、「DESTROY POINT」は敵機の撃破数に応じて加算されるため、一人が大暴れしすぎると、他の参加プレイヤーに入らなくなってしまうためだ。
もちろん「ミッション進行困ってます。ヘルプ募集!」などのコメントの「ROOM」に、助っ人の立場で参加し、状況に応じて立ち回ることができれば感謝されるだろう。それが真に強いプレイヤーというものだ。


●マナーの悪さが目に余る。そんな時はホストの出番
オンライン上にはたくさんのプレイヤーが集まっている。中には少数ではあるがマナーの悪いプレイヤーに出くわすことがあるかもしれない。例えば…

・挨拶もなしに長時間セッティングに入ったままさっぱり出てこず、参加プレイヤーを待ちくたびれさせてしまう『お待たせプレイヤー』
・あからさまに「あと一撃で撃破できる機体ばかりを狙って横取りし、「DESTROY POINT」を稼ごうとする『横取りプレイヤー』

などだ。
そんな時、ホストは「MEMBER STATUS」から「KICK USER」を選択することで、マナーの悪いプレイヤーを「ROOM」から強制排除することも可能だ。ただ、その場合も、例えば『お待たせプレイヤー』なら、他の参加プレイヤーに合意を得てからキックする、『横取りプレイヤー』ならプレイスタイルをやんわり指摘してから、それでも改まらないようであればキックする、などの配慮を試みよう。
とはいえ、そんなプレイヤーはほんと少数だ。ホストにそんな判断をさせなくても済むよう、お互いに気持ちよいプレイを心掛けよう。


というわけで、番外編「ひとくちアドバイス」はこの辺で。ではまた。






 


この記事のURL
http://tov.b-ch.com/blog/0081/archives/2026