カレンダー
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月

新着記事
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」第4巻発売!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」緊急告知!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」最終回!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」銃口のその先に…
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」デッドリミットまであと45分!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」第3巻発売!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」因縁の戦場
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」交錯する光条!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」ア・バオア・クー戦!
「機動戦士ガンダム戦記 PlayStation®3 the Best」

カテゴリー
関連情報
制作日記
アッガイぶらり旅
ミッション攻略
オンラインプレイ特集
ディレクター浪川の開発こぼれ話
ダウンロードコンテンツ配信情報
アッガイの小ネタアドバイス
マオとフィリーネのカスタマイズ情報
デモパート制作こぼれ話

過去の記事
記事がありません。

ケータイブログ


角川書店ガンダム公式サイト:ガンダムベース
ASCII.jp × 機動戦士ガンダム戦記
ガンダムクロニクルバトライン


特集「オンラインプレイとは、こういうことだ!」(第3回)
[オンラインプレイ特集] / [2009-10-06 15:12:44]
こんにちは。製作プロデューサーの東山です。あの後ズゴックEを購入し、ハイゴッグズゴック後期型(CA)ズゴックEという編成で月までいってみました。月面に立つジオン水泳部3強。なかなかシュールな感じです。

それはさておき、「オンラインプレイとは、こういうことだ!」も今回で3回目。前回は、「ROOM」に入るまでの事前準備について解説しました。今回はいよいよ実際に他人とのオンラインプレイにチャレンジしてみるところまで進めたく思います。


●いよいよ「ROOM」に入ってみよう!
改めてメニューの「QUICK SEARCH」から「ROOM」の検索をしてみよう。
今回は数ある部屋の中から「協力モード」「連邦軍」「3人までプレイ可能/フレンド招待枠なし」「ボイスチャットなし」を選んでみた。



●「ROOM」内はこんな感じだ
実際にROOM」に入ると、一般に以下のような画面が表示される。(協力プレイの場合)
画面右上のウインドウ内に表示されているのが、攻略しようとしているミッション名やその難易度で、これはホストが決定する。
また画面下のウインドウには、現在その「ROOM」に参加しているメンバーが表示される。一番上に表示されるのがこの「ROOM」のホスト、その下にいるのが集まってきたプレイヤーたちだ。ジムに乗っているホストと、ジム・カスタムに乗っているプレイヤーが挨拶し合っているのが見えるね。



この「ROOM」に君が入ろうとすると、ウインドウ内に「入室中」と表示されるので、「ROOM」内にいるホストやプレイヤーは「あ、誰かやってきたな」というのがわかるってわけ。




●コミュニケーションの基本。まずは挨拶してみよう!
さあ、「ROOM」に入室できた。今回の例だと一番下の「ジム・コマンド」が君だ。
入室したらホストや他のプレイヤーから挨拶されることがある。ここで、前回セットした「簡易メッセージ」を使って、「よろしく」などと挨拶してみよう。
登録したキーを覚えておき、落ち着いてやれば大丈夫。うっかり間違えても改めて挨拶しなおせば案外平気だ。
(私が実際にプレイしていた時の話。部屋に入ったとたん「狙い撃つぜ!」っていきなり言われてびっくりしたんですが、ひと呼吸おいて「よろしくおねがいしまーす!」って再表示されたことがありました。たぶん間違えて「戦闘中用のメッセージ」を押しちゃったんだろうね)



●コミュニケーション基本編:セットしたメッセージを「ROOM」で表示するには?
メッセージの表示は以下の手順で行なう。
まずR2ボタンを押し、「簡易メッセージを入力してください」というウインドウが画面上に出るのを確認しよう。その状態で、出したいメッセージがセットされた方向キーを押すと、自分のコメント欄にメッセージが表示される。




●コミュニケーション上級編:「ソフトウェアキーボード」も使用可能!
ところで、前回でも使った「ソフトウェアキーボード」は、ロビー画面でL2ボタンを押すことで表示させ、直にメッセージを入力することも可能だ。
これなら、より状況に応じたメッセージが返せるが、入力に時間が掛かると他のプレイヤーを待たせることにもなり、迷惑になりかねない。使い方に慣れてからの使用が無難だろう。




●コミュニケーション番外編:「さらに自由にお話したい!」というプレイヤーの方には…
実は、PC用の「USB接続キーボード」を持っていれば、「ソフトウェアキーボード」を使用するよりダイレクトなメッセージ入力が可能なのだ。
PlayStation®3に「USB接続キーボード」を接続、L2ボタンを押して画面上に「ソフトウェアキーボード」が表示されている状態にした後、「USB接続キーボード」から直接メッセージを入力していけばいい。ネット上で盛んにメッセージのやりとりができているプレイヤーは、この「USB接続キーボード」を使っていると見ていいだろう。
もちろん、いっそ新規購入するなら、ヘッドセットを購入して一気にボイスチャットを体験しちゃう、ってのもありだけどね。

こうして挨拶や会話を交わしていると、いろいろ状況がわかってきたりするんだ。
今回の場合はホストのジムさんが、アイテム集めに「ONLINE MODE」に入ったはいいが、やっぱ一人じゃ心許ない。誰か仲間が欲しいなあと思って「ROOM」を作成したら、助っ人にジム・カスタムさん、そしてジム・コマンドさんがやってきた、ということらしい。

そんな会話を交わしているうちに、既定の参加人数枠が埋まり、ホストの判断で攻略するミッションも確定し、必要に応じてSETTING」などの準備も整ったら、カーソルを「START」に合わせて○ボタンを押そう。自分のプレイヤー名の頭に「チェックマーク」がつくはずだ。この「チェックマーク」が全員につけば、カウントダウンが始まりミッション開始となる。画面中央のカウントダウンが0になれば、いよいよオンラインでの戦いの始まりだ。




●対人プレイならではの面白さを体感せよ!
戦場に降り立った3機。ゲーム中も方向キーで「簡易メッセージ」を表示できるので、プレイに慣れたらゲーム中用のメッセージも併せてセットしておくといいだろう。



ジム・カスタムが「簡易メッセージ」で「前に出てくるからぁ!」と叫びつつザクと向き合っている。どうやら装備に乏しいジムを、ジム・カスタムとジム・コマンドで援護する、というスタイルをとるようだ。



オフラインプレイ時同様、時には補給も必要だ。仲間が補給中は、他のプレイヤーが周囲を警戒するなど、うまく役割を分けるといいだろう。阿吽(あうん)の呼吸で役割が分担できたりすると、「お、協力プレイできてる!」って感じがするぞ。



序盤ミッションとはいえ、連携の甲斐あって余裕でクリア。アイテムは一つ獲り逃しちゃったけどね。



●攻略終了!再びロビーに集合!さて、どうしよう!?
 
ミッション攻略が終わったら、再びロビー画面に戻ってくることになる。
「特定の武器・パーツ集め」や「ポイント獲得」を目的とする場合、再びミッション攻略に赴くことが少なくない。とはいえ、他のプレイヤーたちはどう思っているのだろう。

「自分はあと何回かポイントためたいし、アイテムも集めたいんだけどなあ…」
 
そんな時は画面下ウインドウ左端、各プレイヤー名の左端に並ぶアイコンに注目してみよう。ボイスチャットがなくても、ここを見ることで、ある程度は他のプレイヤーたちの意向をうかがい知ることができる。これらアイコンは以下のような意味を持っている。


 :回線状況。本数が多いほど回線状況が良好。
 :「SETTING」中。(ロビー画面から抜けているのでチャット内容は見れない)
 :まだミッションから帰ってきていない。
 :ボイスチャットを使用しているプレイヤー。

例えばアイコンをみるまでもなく、ホスト含め前述の「チェックマーク」が各プレイヤー名の頭にずらずらっと並んだら「全員もう1回やる気十分!」ってことだし、「SETTING」アイコンが表示されている場合も、もう1回プレイするためにセッティングを見直しに行っていると考えられる。
前の画面だと、ホストであるジムと、プレイヤーのジム・コマンド、「チェックボックス」をチェックして、すでにミッション再出撃準備完了なのに対し、ジム・カスタム「SETTING」に入っているようだ。ミッションの合間に再セッティングが必要になる場合がどうしてもでてくるが、その場合はなるべく他のプレイヤーを待たせないよう心がけよう。

ちなみに下がこの後、再出撃した再の画像。ジム・カスタムがシールドを外し、サーベル二本持ちに装備変更しているのがわかる。




●プレイを続ける?それとも抜ける?
ホストミッションの変更を行なう場合などもあるので、状況を見つつ、継続してそのROOM」でプレイを続けてもよし、他の「ROOM」も回ってみたければ抜けてみるのもいいだろう。ただし、抜ける場合は「簡易メッセージ」でひとこと「抜けますね。ありがとう。」などの挨拶を心がけよう
 
また、自分は残るものの、他のプレイヤーが抜けて行く場合もある。たいていの場合は「抜けますね。お疲れ様でした。」など、そのプレイヤーなりの挨拶を残していくので、その場合はやはり「簡易メッセージ」で「お疲れ様でした」などと声をかけてあげよう。下の画面は「ROOM」を抜けるジム・カスタムと、ホストや他のプレイヤーとのやりとりだ。

自分が「ROOM」を抜ける場合は、再びQUICK SEARCH」「ROOM」を検索し、参加人数やコメントなどを参考に入室する、というこれまでの手順を踏んでいけばいい。コミュニケーションを心がけつつ数ミッションをこなせば、ずいぶん勝手がわかってくるはずだ。

…というわけで、今回の解説はここまで。一人で「ONLINE MODE」に参加する時のイメージがある程度掴めてもらえたなら幸いです。次回は、自分がホストになって「ROOM」を作成する場合などを中心に解説していく予定です。またよろしくお付き合いくださいね。では!
 




この記事のURL
http://0081.b-ch.com/blog/0081/archives/2020