カレンダー
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月

新着記事
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」第4巻発売!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」緊急告知!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」最終回!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」銃口のその先に…
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」デッドリミットまであと45分!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」第3巻発売!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」因縁の戦場
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」交錯する光条!
「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081−水天の涙−」ア・バオア・クー戦!
「機動戦士ガンダム戦記 PlayStation®3 the Best」

カテゴリー
関連情報
制作日記
アッガイぶらり旅
ミッション攻略
オンラインプレイ特集
ディレクター浪川の開発こぼれ話
ダウンロードコンテンツ配信情報
アッガイの小ネタアドバイス
マオとフィリーネのカスタマイズ情報
デモパート制作こぼれ話

過去の記事
記事がありません。

ケータイブログ


角川書店ガンダム公式サイト:ガンダムベース
ASCII.jp × 機動戦士ガンダム戦記
ガンダムクロニクルバトライン


「シナリオ」モード(ジオン)攻略ガイド:第3回「イフリート・ナハト奪還作戦」
[ミッション攻略] / [2009-09-09 14:03:28]

さて引き続き「シナリオ」モード(ジオン)の攻略ガイドをお送りしたい。今回は「イフリート・ナハト奪還作戦」だ!

●攻略の基本はやはりカスタマイズ!といきたいが…

連邦軍から鹵獲(ろかく)したジム砂漠仕様を駆ってオデッサ基地に潜入、敵戦力を排除しつつイフリート・ナハトを奪還するのが本ミッションのおおまかな流れだ。
今回使用する自機は、敵の目を欺くため「ジム砂漠仕様」となり、残りの2機もミッション固定での出撃となる。なので、本項ではミッション攻略に絞って進めていきたい。



ブリーフィングで作戦概要が説明される。画面中、中央左上のオレンジ色の四角いエリアがイフリート・ナハトの起動実験区画となる。基地内の敵を全滅させた後、このエリアに向かえばよい。エリク、アイロス、ヒューが登場するデモをはさみ、ミッションスタートとなる。






●弾薬消費は控えめに。近接格闘攻撃で切り抜けよう!

ミッション開始直後は友軍が近くにいるため、L1ボタン+方向キーの左【友軍射撃】を指示、適宜援護を願おう。というのも、このミッションには補給ポイントが存在しないため、AP(アーマーポイント)と残弾数の温存が重要になるからだ。バズーカを携行した友軍がいるので、それなりのダメージは期待できるだろう。



基地の防衛についているのは量産型ガンタンクジム、そして61式戦車だ。量産型ガンタンクは主砲の威力が非常に高いものの機動性は低いため、一気に間合いを詰めて懐に飛び込み、サーベルの連続攻撃で沈黙させよう。
61式戦車も同様に、サーベルやR2ボタンのヘッドバルカンなどで片付けるなどし、主武装の弾薬は対ジム戦に温存しよう。またハンドグレネードを携行しているので、状況によっては□ボタンハンドグレネードも有効活用していこう。
ガンタンク戦およびハンドグレネード使用のムービーはこちら!





●ジムは各個撃破が基本。追い込まれるな!

問題は対ジム戦だ。複数同時に迫ってくることが多いため、取り囲まれるとビームスプレーガンの一斉射で大きなダメージを被ってしまう。複数を同時に相手にするのは極力避け、距離をとりながら1機ずつ片付けていこう。基地施設をうまく遮蔽物がわりに利用しながら、サーベルをチャージしつつ後退し、追ってきた1機を狙っての近接格闘攻撃を試みてみた。そのムービーがこちらだ。序盤で温存した主武装の弾薬もここでは使っていこう。



基地内部の敵を全滅させ、起動実験エリアに到達すると、イフリート・ナハト起動デモシーンをはさんで、ミッションは後半戦へとなだれ込んでいく。
画面上には「MISSION BREAK」と表示され、ここまでの獲得ポイントも表示されるが、ミッションは続行されるのだ。一部のミッションではこのような前後編のような体裁になっているものがあるので覚えておこう。



便宜上、ここまでが「イフリート・ナハト奪還作戦」となる。「MISSION BREAK」以降は「オデッサ基地奪還作戦」となるので、次のブログで攻略をご紹介していこう。



この記事のURL
http://tov.b-ch.com/blog/0081/archives/1933